2006年02月21日

沖縄 神の島の御神木を伐採したNPO団体

フボー御嶽の神木バッサリ NPO法人が無断伐採

 数多くの祭祀(さいし)行事が残り、「神の島」といわれる南城市知念の久高島の聖地・フボー御嶽で神木のクロツグ(地元名・マニ)を本島中部のNPO法人が無断で伐採し、島の住民から「許されない行為」と怒りの声が上がっている。

 フボー御嶽は世界遺産・斎場御嶽と並ぶ琉球七御嶽の一つで、枝一本切るにも日を決めて行うほど島の人が大切にしている場所。祭事以外は入ることができず、男子禁制の場でもある。立ち入り禁止を記した看板も立てられている。
 NPO法人は障害者らの心の治療を目的として活動しているという。同NPO法人によると2005年12月下旬、心の治療をして回復した人のお礼として、「神の声に従って」フボー御嶽に無断で入ったという。担当者は「いくつかある拝所の中で、みんなが拝む所はきれいだったが、あまり人が入らない所は草木が生い茂っていたため、きれいにした」と伐採の経緯を説明。フボー御嶽が立ち入り禁止の場所とされていることは知らず、無断立ち入りを禁止する看板にも気が付かなかったという。
(琉球新報)

こういうのは本当に許せませんね。
最近わけのわからない団体によるわけのわからない活動がとにかく増えました。
昨年の終わりごろにも
女人禁制の大峰山で女性ら3人が登山強行(元記事消失につきキャッシュ)

 女人禁制が1300年間続く修験道の聖地、奈良県天川村の大峰山への登山を目指すと公表していた性同一性障害を持つ人ら35人のグループが3日、現地を訪れた。女性の立ち入りを禁じる結界門(けっかいもん)の手前で地元住民約100人と議論した結果、改めて話し合いの場を設けることで合意して解散したが、その後にメンバーの女性ら3人が登山を強行した。

 住民側が結界門前で待ち構える中、午前9時50分ごろにグループが到着。地元・洞川(どろがわ)地区の桝谷源逸(げんいち)区長(59)は「先人から受け継いだ伝統や生活がある。地元の心情を理解してほしい」と登山中止を求めた。グループ側は今後も話し合いを続けてほしいと要望した。しかし、午後0時半ごろ、3人が結界門をくぐって山に入った。その1人は「問題提起をしたかった」と説明した。
(朝日新聞)

こういうことがありました。
大阪府知事が女人禁制のしきたりのある相撲の土俵にあがりたいと駄々をこねたこともありましたね。

自分達の主張を通すために地元の方々が頑なに守り続けたルールをまったく意に介さず踏みにじります。しかもこの御神木を切り倒したNPO団体は世界遺産に登録される以前の斎場御嶽でも樹木を伐採しています。

沖縄の方であれば久高島が神の島として扱われ、御嶽には祭事の際にしか足を踏み入れられないことを知らないわけがありません。
「神の声に従って」「草木が生い茂っていたため、きれいにした」「無断立ち入りを禁止する看板にも気が付かなかった」なんですかね、これは。

これらの行為が伝統、ルールの破壊を目的としているのは明らかです。このルールは法律ではなく慣習ですので罰せられることもありません。このルールのせいでなにか生活に支障をきたすようなことがあったんでしょうか。迷惑をかけられたんでしょうか。

「始めのことはわからないけど昔からそうだから」というのが伝統です。そうなった経緯や起源が忘れ去られるほど人々の生活に根付き、当然守るべきものとして存在するからこその伝統です。

伝統というものを現在のものさしで計ったときに人によっては納得のいかない部分があるだろうことはわかります。本当は現在のものさしを持ち出すこと自体が間違いだとは思いますが、納得できないからといって伝統を守り続けてきた方々の心を傷つける破壊活動に走るというのはまったく理解できません。

近寄らなければいいだけです。郷に入りては郷に従え。ただそれだけのことがわからないんでしょうか。

こんな人でも海外に行ったときには納得できなくても苦しい思いをしてもなにも言わずにその土地のルールに従うんでしょうけどね。

本当に腹が立ちます。

[斎場御嶽]
[斎場御嶽 - Wikipedia]
[大峰山 - Wikipedia]
posted by kon at 01:45 | Comment(1) | TrackBack(1) | ニュース
この記事へのコメント
押し後残します
Posted by 人妻 at 2008年01月26日 17:35
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック

伝統と「正義」
Excerpt: 今日のテクノラティ↓ ( http://www.technorati.jp/home.html ) を開けてみると、正午時点での「今、最も検索されている話題」がこうなっていました。 1.永田 ←..
Weblog: 非絶対者のちょっとした主張
Tracked: 2006-02-22 00:16
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。